からだづくりについて of 彩戸美佐 Beauty Balance

バレエレッスンをもとに、体の悩みに応じた4つのトレーニング&ウォーキング教室。彩戸美佐が直接指導します。

体の不調を
根本からやわらげる体づくり

バレエのエッセンスと、ボディポスチャーズでしなやかな筋肉を


時代の変化と共に、様々な文化が新たに日本に入ってくることで
日本人の体の使い方は過去のものとは比較にならない
バリエーションを見せるようになりました。

例えばデスクワークでも、長時間パソコンを使うことが
ごく一般的なこととなり、もうパソコンなしでは仕事にならない
という方がほとんどでしょう。

また、ジムでマシンを使って体を鍛えるということも
数十年前は無かったことです。

新しい体の使い方が生まれることで
便利になったことも確かに多くあります。

ですが、中には体に過度の負担がかかってしまい
筋肉が緊張した状態が続き、肩こりや腰痛などを
引き起こすことになってしまうなどのデメリットがあることも事実でしょう。

体を鍛えようと一生懸命にマシントレーニングをした結果
太い筋肉をつくることには成功しても、実際に運動しようとすると
それは動きをスムーズにするための筋肉とは違うために
けがをしやすくなってしまったり。

体をやわらかくしようとヨガに通ってみたけれど
指導者のレクチャーの通りの動きにならず
無理をして体を痛めてしまったり。

目的とは違った悲しい結果を招いてしまうこともあるようです。

体の軸が整うと・・・

どんな姿勢で仕事をするにしても
どんな運動をするにして
共通して大切にしたいのは「体の軸」です。

体の軸である背骨や骨盤をやわらかな筋肉で支え
正しい姿勢をつくることからはじまります。

一流のスポーツ選手や一流のダンサーなどの動きが
無駄がなく美しいのは、その「体の軸」が整っているからなのです。

軸を左右対称に整えたうえで、必要な動きを助けるための
やわらかな筋肉を付けることで、体に負担をかけることなく
どこにも痛みを伴うことなく、安全に、健やかに生活ができるのです。

もし、今あなたが体のゆがみや痛み、姿勢が良くない
肩こり、腰痛、体の冷えなどを感じているなら、それは
体の軸がうまく整っていない可能性が高いといえます。

バレエダンサーのように、しなやかな、大きな動きをすることで
あなたの体が芯から温まり、体が本来の動きをしはじめ
左右にバランスのよいボディができていきます。

そして、あるべき位置に戻った臓器をもって
大きく呼吸をすることで、体中に血液がめぐり
筋肉が本来のやわらかさを取り戻していきます。

体づくりといっても、負荷をかけて筋肉をつくることではなく
持っている筋肉を正しく機能させ、使っていなかった筋肉を
呼び起こし、不調を感じる部分を取り除いて行くことができるのが
わたしたちのレッスンの目的です。

ときには音楽にあわせてリズミカルに、ときには静かな
メロディにあわせて深呼吸を、しなやかな、快適なボディが
できていくのを実感なさると思います。


ピラティスの呼吸法を応用


ピラティスは元来、第一次大戦の負傷兵のリハビリのための
ものとして生まれたものです。

その後、バレエダンサーの体のメンテナンスや
ケガからの回復のために使われてきたフィットネス
プログラムでもあります。

インナーマッスルといわれる深層筋を鍛えて
代謝をアップさせたり、姿勢が良くなったりという
効果が期待できるといわれています。

しかし、日本では器具を使う派手なトレーニング方法のみが
脚光を浴び、美容的な要素のみがクローズアップされています。

本来、ゆるやかに筋肉を鍛えて
しなやかに体を支えて行くこと、つまり「ボディ・ポスチャーズ」が
目的ですから、そんなに苦しい姿勢や、負荷のかかる
運動をしなくてもよいはずなのです。

どんな世代の方にも
女性でも男性でも
日ごろの体のメンテナンスに
気軽に加えられるトレーニング方法として
わたしたちは3つのメニューを用意しました。

バレエ特有の美しい動きを応用したウォーキングで
日々、快適なからだづくりをしていきましょう。

Missa Beauty Balance 主宰